台湾

台湾のQBハウスで髪を切ってみた。300元のカット具合は?

台湾のQBハウスで髪を切ってみた。300元のカット具合は?

髪が長くなったので美容院に行こうと思いましたが、台湾の美容院は日本のよりも値段が高いです。

そこで、思いついたのが「格安カット」。台湾の格安カットを体験してきました。

台湾のQBハウスとは?

1000円カットと聞いて思い浮かぶのが日本で有名なQBハウスです。それがなんと台湾にもあることを最近知りました。台湾でもQBハウスは、安く早く髪を切れる床屋として認知されており、若者だけでなく中年の方や女性のお客さんもいます。

ちょうど髪が長くなり、美容室に行こうと思いましたが、せっかくなので台湾のQBハウスにチャレンジしました。

 

スポンサーリンク

台湾のQBハウスにはの6つのステップがある

台湾のQBハウスは日本同様に髪を切るまでに、シンプルなステップを踏んでいきます。中国語が喋れなくても全く問題ありませんが、システムだけ頭にいれて行きましょう。

 

①料金を入れる

料金を入れる

QBハウスに入ると、どこの店舗にもこのような自動券売機が設置されています。気になる料金は、どれだけ髪を切ろうとも300元一律です。日本円にするとちょうど1,000円です。100元札、500元札、1,000元札が使用可能です。

 

②カードを受け取る

300元を入れると、すぐにカードが発行されます。画面は、「カードを発行中、少々お待ち下さい」と書かれています。

カードを受け取る

 

300元を入れると上の写真のようなカードが発行されます。これが、300元を入れて購入した証となるため、大事に持っておいてください。

カードを受け取る

 

③名前を記入する

カードを受け取ったあとは、順番待ちの名前を書きます。中国語ができる人は、自分の名前を漢字で書いてもいいですが、できない場合は英語で書いても問題ありません。呼ばれて自分だとわかる名前を記入しましょう。これで、髪を切るまでの準備は完了です。

名前を記入する

 

④名前を呼ばれたら、カードを渡してカットの椅子に座る

記入した名前が呼ばれたら、店員さんのいる椅子に座ります。このときに券売機で購入したカードを渡します。店員さんが準備を始めるので、ゆっくりと座って待っていましょう。

名前を呼ばれたら、カードを渡してカットの椅子に座る

 

⑤要望を伝えて切ってもらう

そして、店員さんの準備が完了したらいよいよ散髪です。台湾の床屋や美容院は性格に伝えないと、とんでもない髪形になってしまう場合があります。もちろん、写真を持ってきて、このように切ってほしいと伝えることも大丈夫です。

要望を伝えて切ってもらう

 

私は、パーマがかかっているから、あまり切らないで欲しいと言いましたが、結果だいぶ切られてしまいました。

QBハウス以外でも役立つ散髪関係の中国語を下記します。

髪を切る=剪頭髮(jian tou fa)

短く切らないで=不要太短了(bu yao tai duan le)

バリカンを使わないで=不要用推子(bu yao yong tui zi )

(写真を見せて)このような切ってください=剪這張照片的髪型一樣(jain zhe zhang zhao pian de fa xing yi yang)

前髪は切らないでください=瀏海要留一下(liu hai yao liu yi xia)

 

⑥レシートを受け取って終了

髪を切り終わったら店員さんに、これで良いかという感じで聞かれます。特に問題なければ、OKといって終わらせます。問題があれば、さらに要望を伝えて切ってもらいましょう。すべての作業が完了したあとに、店員さんからレシートとおしぼりをもらえます。これで、台湾のQBハウスでの散髪は終了です。

 

 所要時間
所要時間は、日本とほぼ変わりません。私の時はだいたい15分~20分ほどで終了しました。途中、バリカンを使われそうになったので3回ほど、バリカンだけではやめてくれと必死に止めてもらっていたため、少々時間がかかったような気がします。

また、待つ時間は店舗や時間帯によって異なります。台湾では、昼の時間に髪を切りに行く人もいるため、12時からはやや混み始めました。それ以外の時間であれば、2~3人ほどがいるといった感じです。

 

 カット具合
カットの評価は、可もなく不可もなくです。300元なのであまり贅沢を言えませんが、ちょっと切りすぎかなと思いました。台湾人の男性は短く切る人が多いため、私も同様に切られてしまいそうになりました。クオリティとしては、日本のQBハウスと、ほぼ同じと言って問題ありません

 

スポンサーリンク

台湾版QBハウスは、こんな方におすすめ

安く済ませたいという方には、台湾のQBハウスをおすすめできます。クオリティは、日本のQBハウスと変わらないため、安く素早く髪を切りたいのであれば満足できます。中国語もそこまで必要としないため、散髪をする上で、そこまで問題もありません。

 

スポンサーリンク

台湾のQBハウスまとめ

台湾のQBハウスは日本のQBハウスとクオリティ的には、大差がありませんでした。中国語ができなくてもカットはできますが、ある程度単語を知っていたり、写真があればコスパも良く感じると思います。台湾で髪を切ってみたいという人は、QBハウスでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-台湾

Copyright© Asia Record , 2020 All Rights Reserved.