旅行の裏ワザ

「レアル・マドリード」のチケット購入方法【人気試合のチケットを取るテクニック】

「レアル・マドリード」のチケット購入方法【人気試合のチケットを取るテクニック】

スペインサッカー最高峰リーグの「リーガ・エスパニョーラ」。日本人選手も多く所属しており、日本にとって馴染のあるリーグになりつつあります。

日本人選手が増える中で、現地でサッカー観戦をする日本人も増えています。特に人気なのが、「レアル・マドリード」です。スペインの首都「マドリード」の本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ」で一度は観戦してみたいもの。今回は、レアル・マドリードのチケットの購入方法をご紹介します。

チケット購入前に準備すること

レアル・マドリードのチケットを購入する前に、準備をしなければならないことがあります。というのも、レアル・マドリードのチケットサイトは制限があることや、試合によってはすぐ完売してしまうためです。

 

①クレジットカード

レアル・マドリードのホームページでチケットを購入する際には、クレジットカードの準備をしてください。この準備というのは、複数のブランドを用意するということです。VISA、Masterカードの2種類のブランドを複数枚あれば安心できます。

 

 カードによっては弾かれる
レアル・マドリードのサイトの仕様なのかわかりませんが、支払い可能なブランドでもカードによっては弾かれます。わたしは、日ごろから使っている「ANA VISA ゴールドカード」で支払いをしましたが4回弾かれて、結局このカードでの支払いを諦めました。

 

 Mastercardは1発クリア
「ANA VISA ゴールドカード」で弾かれたため、サブで持っている「ANA Mastercard」で支払いをしたところ、問題なく支払いが完了されました。このため、VISA、Mastercardを複数持っていた方がよいです。

 

②チケット販売日時

レアル・マドリードのチケットは、会員ランクによって販売開始日時が異なります。

チケット販売日時

 

 一般販売は遅い
vsマンチェスター・シティの販売日程を例として見ます。最も早く販売されるのは、「シーズンチケットホルダー向け」です。次に「クラブメンバー」、3番目が「マドリディスタ」、最後に「一般向け」の順番となります。この画像の日程からも分かるように、チャンピオンズリーグ(UEFA CHAMPIONS LEAGUE)の場合、一般向けの販売は1週間遅いです

 

 リーグ戦は4日遅い
ただし、通常のリーグ戦であれば、シーズンチケットホルダーは席が確約されているため、「クラブメンバー」が最初で、次が「マドリディスタ」、最後に「一般向け」の順番です。リーグ戦は、CLと異なり4日に遅く一般向けの販売が行われます。

リーグ戦は4日遅い

 

③席を決めておくこと

レアル・マドリードのチケットを購入する際、予め席を決めておいた方が良いです。というも、人気の試合だと販売開始と同時に購入者が殺到するため、席を選んでいる余裕がありません。空席状態については、自分の会員ランクの販売開始日時前に見ることができるため、事前にいくつか席の狙いを決めておきましょう。

 

④パソコン必須

レアル・マドリードのチケットを購入する際、パソコンが必須です。もちろん、スマートフォンでもチケットの購入ができますが、読み込みが遅いことや、不具合によって最初からやり直すことも想定されます。パソコン環境の方が、処理も早くストレスが溜まりません。

 

スポンサーリンク

レアル・マドリードのチケット購入方法

それでは準備が整ったら、実際にレアル・マドリードのチケットを購入しましょう。今回は、「2020年2月26日 UEFA CHAMPIONS LEAGUE  レアル・マドリードvsマンチェスター・シティ」のチケットを購入例として紹介します。

Real Madrid Official Site:https://www.realmadrid.com/en

 

①ホームページからチケット画面に移動する

まずは、レアル・マドリードのホームページから「チケット画面」に移動します。赤枠の「TICKET」をクリックしてください。なお、ホームページ自体は日本語に対応していますが、チケット購入は英語とスペイン語にしか対応していません

ホームページからチケット画面に移動する

 

「TICKET」をクリックすると、このように今後の試合のチケット販売画面に切り替わります。

ホームページからチケット画面に移動する

 

②購入したい試合を選択する

レアル・マドリードのチケットは、月ごとに区分けされています。購入したい試合が「いつキックオフ」かを確認して、選択してくだいさい。購入したい試合が見つかったら、「BUY TICKETS」をクリックします。

購入したい試合を選択する

 

③会員番号を入力(※必要であれば)

「BUY TICKET」をクリックすると、レアル・マドリードの会員番号を入力する画面に切り替わります。もし、レアル・マドリードの会員であれば、番号とパスワードを入力してくだいさい。なければ、空欄でOKです。

会員番号を入力(※必要であれば)

 

④席を選択する

会員番号を入力すると、チケット販売日時に適合しているか確認されます。問題なくパスされたら、席の選択をしてください。

 

 4つのエリアから選択
レアル・マドリードのチケット購入に限らず、ほとんどのクラブが「エリア」ごとにチケットを販売しています。前方・後方スタンド、ゴール裏2か所の4つのエリアから好きな場所を選択してください。

※「LATERAL ESTE」が前方スタンド。「LATERAL OESTE」が後方スタンド。「FONDO SUR」「FONDO NORTE」がゴール裏です。レアル・マドリードのウルトラスは、「FONDO SUR」の1階席に割り当てられます

4つのエリアから選択

 

 エリアから大まかな位置を決める
4つのエリアを選択して、クリックする空席状況を見ることができます。濃い緑が空席のある場所です。当試合の場合、27・29・30の列が190€129・130の列が240€でした。後ろは、90€~160€ほどだったと思います。

エリアから大まかな位置を決める

 

 実際の席を選択
最後に、実際に自分の座る席を選択します。緑が空席で、灰色が既に売れた席です。緑の席をクリックして、「CONTINUE」に進んでください。

実際の席を選択

 

⑤連絡先を入力する

席を決めたあとは、流れ作業に移ります。まずは、連絡先の入力です。自分の名前、メールアドレス、電話番号、生年月日、国籍、郵便番号を入力します。メールアドレスは、チケットが送られてくるため、絶対に間違わないように注意してください

連絡先を入力する

 

⑥チケット内容を確認する

連絡先の入力が済んだら、チケット内容を確認します。支払い前の最後の確認となるため、試合や席が間違っていないか注意してください。問題なければ、「CONTINUE」をクリックです。

チケット内容を確認する

 

⑦クレジットカードで支払いをする

最後に支払いです。先にも説明した通り、レアル・マドリードはクレジットカードのみの支払いです。クレジットカードは、「VISA」、「Mastercard」、「Maestro」、「Discovercard」の4ブランドに対応しています。おそらく、日本からの購入となると、「VISA」、「Mastercard」のどちらかです。

クレジットカードで支払いをする

 

 個人的にはMastercardが通りやすいと思う
今回、日ごろ使っている「VISA」ブランドのカードが弾かれました。その後、Mastercardで再度チャレンジしたところ、問題なく購入できました。個人的にはMastercardの方が、通りやすいと思います

というのは、Mastercardは、ヨーロッパで主流のMaestrocardのグループであるためです。なにかとヨーロッパで買い物をすると、Maestrocardが必ず対応していることもあり、相性的にMastercardの方が良いのかもしれません。あくまで憶測です。ちなみに、3年前に同じくレアル・マドリードのチケットを購入した際も、Mastercardでした。

 

⑧チケットをダウンロードする(スマホが必要)

購入が完了されると登録したメールアドレス宛に購入の連絡とチケットが送られます。なお、レアル・マドリードのチケットは転売防止のため、スマートフォンのWalletアプリを使った電子チケット制です。試合当日は、画面のQRコードをかざして入場します。PDFやスクリーンショットだと入場できません

チケットをダウンロードする(スマホが必要)

 

スポンサーリンク

 チケットを購入しやすくする方法

レアル・マドリードの本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ」は、約8万人を収容できるスタジアムです。対戦相手によっては、一般でもチケットを購入できますが、今回のチャンピオンズリーグやクラシコだと、一般販売だと売り切れの場合が多いです。

 

マドリディスタ(Madridistas)に登録する

チャンピオンズリーグやクラシコといった人気試合を確実に取る方法として、マドリディスタに登録することをおすすめします。というもの、レアル・マドリードのチケットは、シーズンホルダー、クラブメンバー、マドリディスタの3カテゴリでほぼ売り切れます。シーズホルダーとクラブメンバーは、クラブからの招待が必要です。しかし、マドリディスタ(Madridistas)であれば、年間35€で一般会員よりも1日早くチケットを購入できます。

マドリディスタ(Madridistas)に登録する

 

わたしも、かれこれMadridista4年目になります。おかげで、欲しいチケットは購入できました。年間35€は決して安くありませんが、確実にチケットを購入したければ、登録する価値はあります

 

スポンサーリンク

チケットを入手したら、試合を見に行こう

「チャンピオンズリーグ」レアル・マドリードvsマンチェスター・シティ現地観戦記【ベルナベウの雰囲気は?】

-旅行の裏ワザ

Copyright© Asia Record , 2020 All Rights Reserved.