フランス

「パリ」を2日で観光する3つの方法【効率的に観光するためには?】

「パリ」を2日で観光する3つの方法【効率的に観光】

ヨーロッパを代表する都市「フランス・パリ」に行ってきました。メインがスペインであったため、パリでの滞在は2日間(時間的には実質15時間ほど)の滞在でしたが、十分に回ることができました。

パリは観光地も多く、滞在時間が多ければ多いほど楽しめますが、時間が無い方のため短い滞在時間でも満喫できる方法をご紹介します。「凱旋門やエッフェル塔、ルーブル美術館」などメインの観光地の他にも、色々と回って来ました

フランス・パリを効率的に回る方法3つ

①地下鉄カードを購入する

②インターネットに繋げる状態にする

③近い観光地はまとめて行く

フランス・パリを効率的に回るために、予め準備をしておきましょう。さすがに準備をしておかないと、パリ現地に着いても情報を調べるだけで、時間を無駄にしてしまいます。パリを効率的に回るための3つの準備をしておいてください。

 

 パリは意外と狭い
準備をする前にちょっとしたクイズを出してみます。

「フランス・パリの面積」をご存じですか?おそらく絶対に知らないと思いますが、「105.4km²」です。東京23区の面積は「619km²」、台北市の面積は「271km²」なので、かなり狭い都市だと分かります。ちなみに、中国・北京市の面積は「16,810km²」です。もはや規模が違いますね。

パリ市は意外と狭く、地下鉄を使えば主要観光地まで30分ほどで行けます。この狭い面積に観光地が凝縮されているので、日数が少なくても十分に回れるということです。

 

①地下鉄カードを購入する

それでは、本題です。パリを効率的に観光するには、地下鉄カード「NAVIGO(ナヴィゴ)」を購入しましょう。このNAVIGOは、日本のSUICAやPASMOに似ていますが、地下鉄や近郊列車のみでしか使用できません。

 

 NAVIGOの買い方
NAVIGOの買い方は簡単です。地下鉄駅の窓口のおじさんやお姉さんに、「Can I get NAVIGO?」と伝えれば一発で発行してくれます。カード自体は2ユーロで、カードのなかに「シングルチケット(1回券)」や「1日券」、「10回券」を入れる仕組みです。※観光であれば写真無しのNAVIGOで問題ありません。

NAVIGOの買い方

 

 どのチケットがおすすめか?
NAVIGOだけ購入しても、そのなかにチケットを入れなければ使うことができません。どのチケットを購入すれば良いか迷いますが、1日や2日間など短い期間であれば、1日券を買うのがコスパが良いです。

どのチケットがおすすめか?

 

 短期間なら1日券がコスパが良い
1日券だと7.90ユーロで1日(24時間ではなく当日)、10回券は14.90ユーロで10回だけ地下鉄に乗れます。普通に1回券を買うと、1.90ユーロするので1日券を買った方がお得です。窓口のお姉さんも「短期間なら絶対1日券がコスパがいいわよ!」と仰ってました。

 

②インターネットに繋げる状態にする

パリを効率的に観光するには、スマートフォンをインターネットに接続できる状態にしておきましょう。これは、頻繁にマップを開くことが多いことや、インターネットで調べることが必ず発生するためです。

インターネットに繋げる状態にする

 

 空港でSIMを入手
スマートフォンをインターネットに繋げる状態にするには、SIMカードを購入する必要があります。SIMカードを購入する1つ目の手段が、シャルル・ド・ゴール空港での購入です

色々なサイトでも紹介されていますが、シャルル・ド・ゴール空港でSIMカードを購入できます。ORANGE HOLIDAYというSIMカードで、10GBの通信ができ、39.99ユーロです。

 

 AMAZONで入手
空港で買えるか心配という方や、10GBもいらないという方は、事前にAMAZONで購入もできます。AMAZONの場合、3GB、5GB、10GB、20GBの4つから選べ、「3GBと5GBは合計8GBになるキャンペーン」の適用が可能です。

値段もそこまで高くないことや、フランスだけでなくヨーロッパのほとんどの国で使用できます(フランスが本通信、ほかの国だとローミングです)。わたしは、フランスとスペインで、問題なくインターネットに繋げられました

 

③近い観光地はまとめて行く

短時間での滞在では、まとめて行ける観光地は必ず1回で行くようにしましょう。例えば、スカイツリーと浅草を別の日で観光するのは、時間がもったいないです(時間に余裕があればOK)。事前にマップでお気に入りにしておき、回るイメージをしてことをおすすめします。

スポンサーリンク

2日間で効率的に回れたパリ市内の観光地

今回、トランジット的な感覚なので観光できた時間は2日間ほどでした(実際は15時間無いぐらい…)。それでも、パリのメインと呼ばれる観光地に行き、十分満喫できたと思います。短い滞在期間でも効率的に回れるため、是非参考にしてみてください。

①凱旋門

②エッフェル塔

③シャンゼリゼ通り

④ルーブル美術館

⑤パルク・デ・プランス

⑥パリ・チャイナタウン

 

①凱旋門

2日間の滞在期間中に回れた観光地の1つ目が、パリだけでなくフランスを象徴する凱旋門です。1日目のパリ到着後に向かったため、すでに暗かったですがライトアップもされて綺麗でした。

凱旋門

 

 シャンゼリゼ通りから進むのがおすすめ
凱旋門はシャンゼリゼ通りの西端に位置するため、シャンゼリゼ通りと一緒に観光することをおすすめします。「Franklin D. Roosevelt駅(フランクラン・デ・ルーズヴェルト駅)」で降りて、シャンゼリゼ通りを北西に進んで行くと、「パリに来た!」という気分になれるはずです。

シャンゼリゼ通りから進むのがおすすめ

 

②エッフェル塔

パリを象徴するのは凱旋門だけではありません。パリ7区にあるエッフェル塔は、1889年に開業した歴史のある塔です。高さはちょうど300mなので、東京タワーとほぼ同じくらいですね。

エッフェル塔

 

 凱旋門から歩いて行ける
わたしは、凱旋門からエッフェル塔まで歩いて行きました。もちろん、地下鉄を使って行くという選択肢もありますが、凱旋門からエッフェル塔まで歩けば、セーヌ川にかかる橋で写真も撮れます。

凱旋門から歩いて行ける

 

 

③シャンゼリゼ通り

シャンゼリゼ通りのある「Franklin D. Roosevelt駅(フランクラン・デ・ルーズヴェルト駅)」は、複数の地下鉄が乗り入れているため便利な駅です。シャンゼリゼ通りには、シャネルやルイ・ヴィトンの本店があります。

シャンゼリゼ通り

 

 ディズニーストアもあります。

シャンゼリゼ通りには、パリ・ディズニーストアもありました。パリ・ディズニー限定の商品もあるため、ディズニーに行かない方でもこちらでグッズを購入できます。ほかにも、パリの名門チーム「パリサンジェルマン」のストアもあり、ショッピングをしたいならシャンゼリゼ通りに行きましょう。

ディズニーストアもあります。

 

④ルーブル美術館

パリの美術館と言えば、ルーブル美術館です。あまり、芸術に詳しくありませんが、やはりパリに来たからにはルーブル美術館には行かないともったいないですね。ルーブル・ピラミッドを見て「あ~ここがダ・ヴィンチ・コードのあれか~」と。

ルーブル美術館

 

 前売り券(日時指定券)がおすすめ
世界中から観光客が集まるため、入場するだけでかなり時間がかかります。そこで、おすすめなのが、オンラインサイトで購入できる「時間指定前売り券」です。英語のサイトになりますが、あらかじめ日時を予約することで、入場列に待たなくても美術館内に入れます

前売り券(日時指定券)がおすすめ

 

⑤パルク・デ・プランス

サッカー好きに堪らないのが、パリを本拠地とするサッカーチーム「パリサンジェルマン」のホーム「パルク・デ・プランス」です。パルク・デ・プランスは、パリ市内西部にあり、これまでの観光名所よりも遠く、ホテルから40分ほどかかりました。

パルク・デ・プランス

 

 オフィシャルストアで買い物
パルク・デ・プランスでは、試合のない日でもスタジアム・ツアーが開かれています。また、スタジアム横には、パリサンジェルマンのオフィシャルストアもありました。サッカー好きなら、ここで試合を見たいものです。

オフィシャルストアで買い物

 

 

⑥パリ・チャイナタウン

パリ市内の観光で一番良かったのは、凱旋門やエッフェル塔、ルーブル美術館ではなく、「チャイナタウン」です。世界中にあるチャイナタウンですが、パリにもチャイナタウンがあります

パリ・チャイナタウン

 13区のチャイナタウンが有名
パリ市内にはいくつかチャイナタウンがありますが、なかでも規模がでかいのがパリ13区のチャイナタウンです。13区のPlace d’Italie (プラス・ディタリー)という通りは、中華系移民によって街が作られていました。フランス料理よりも安くご飯を食べられるため、節約したい人にもおすすめです。

13区のチャイナタウンが有名

スポンサーリンク

パリ市内は時間が無くても観光できる

今回、滞在時間も短く、どれだけ観光できるか挑戦してみましたが、結果としてメインと言われる観光地に行くことができました。効率さを重視して準備をすれば、短期間の滞在でも十分にパリを楽しめます。

パリ市内の観光に便利なゲストハウス

パリ市は面積的にも大きな都市ではないため、中心地から少しはずれた場所にホテルをとっても問題ありません。わたしが今回滞在したホテルは、凱旋門まで30分ほどの場所でした。料金も安く、学生や節約しながらパリ観光をしたい方におすすめです。

-フランス

Copyright© Asia Record , 2020 All Rights Reserved.