フリーランス

企業勤めが嫌なら、フリーランス転身もあり【無駄のない人生】

企業勤めが嫌なら、フリーランス転身もあり

フリーランスとして働いていますが、以前は会社員でした。

29歳で会社を退職して、そろそろ1年が経ちます。

もともと企業勤めに向いていないこともあったのですが、だんだん耐えられなくなり退職を選びました。

 

 企業勤めが嫌ならフリーランスもあり

企業勤めがつらいと感じている方が多いと思います。

深夜までの残業・土日出勤・意味不明な飲み会、無能な上司などなど。

会社で無駄に消耗しているなら、一度辞めてしまうのもありです。

 

悩みのポイント

・企業勤めに疲れたけど退職するか迷っている

・フリーランス独立ってどうなの?

 

企業勤めが嫌なら、フリーランス転身もあり

企業勤めをしてましたが、嫌すぎたので辞めました。

確かにリスクはありますが、現時点で辞めたのは間違っていない選択だと思っています。

企業勤めが嫌なら、フリーランス転身もあり

 

会社が嫌になると時間の無駄

企業勤めが嫌になってしまうと、仕事への向上心がなくなります。

わたしは、商社で働いていたので、日本企業への営業と海外企業とのやりとりです。

 

こんなわたしでも、入社当時はヤル気満々で貿易関係や、専門用語の勉強をしていました。

しかし、仕事に嫌気を感じたタイミングから、向上心がなくなり、勉強への意欲もいつの間にかなくなりました。

 

こうなってしまうと、自分にとって会社にいること自体が時間の無駄です。

 

嫌にならない環境をつくり出す

当たり前のことですが、自分が嫌にならない環境をつくりだすことで幸せになります。

よく、「嫌なことでも取り組むべき」って言われますが、ぶっちゃけ精神的によくないので控えるべきです。

 

 徹底的に嫌なことを排除した結果

会社員時代→通勤地獄、殺伐とした環境での仕事、長期出張

フリーランス時代→起きて1分でパソコン起動、静かな環境で仕事、カフェで仕事

 

収入はある程度落ちましたが、環境を考えると今の方が心地よいですね。

 

いろいろチャレンジしてみる

自分にとって心地よい環境を見つけるためには、いろいろチャレンジしてみることが大事です。

わたしは、ライティングが好きということもあり、なんとなくWebライターの仕事を始めたらハマりました。

 

そこから、働きやすい環境を自分で構築していきました。

自宅で仕事をすることもあれば、集中力がなくなたったらひと眠り、そしてカフェに行って仕事。

 

意外とやってみると、うまくできるはずです。

でも、チャレンジをしないと、一生ブラック企業で働くことになります。

企業勤めが嫌なら、フリーランス転身もあり

 

 海外に出てみるのもあり

お金に余裕があるなら、海外をふらっと旅をしてみるのもありです。

とくに、東南アジア。

 

道端で謎の飲み物を売っている商人、朝から日陰で寝ている人、バイタクで必死に働いている青年

 

こういった世界を見ると、結構楽観的になれます。

仕事が急になくなっても、死ぬわけではないのです。

 

スポンサーリンク

フリーランス独立は甘くはないけどプラスになる

会社が嫌になって、フリーランス独立をしましたが、結構大変でした。

というのも、最初は全く稼げなかったからです。

 

会社ってすごいなと思いました。だって、無能でも月に20~30万円が自動で口座に振り込まれますからね。

フリーランスの場合、すべてが自分の責任となります。

 

でも、人生で一度トライしてみる価値はあると思います。

 

自分で行動できる

責任がすべて自分にあるので、自由に行動できます。

スキル学習・実績作り・営業・働き方など。

もともと海外インターンをしたり、一人でバックパックをしたり、行動したがりだったので今もその延長線上で生きています。

 

 会社勤めは行動できない

企業勤めだと会社のルールが絶対なので、自分で行動するのが難しいです。

「主体性を持って行動できる人」ってよく新卒で謳われてますけど、入社後は行動を縛られますからね。

 

「もっとこうしたら稼げる」って提案しても、日本企業だと過去の事例がないと承認をもらえません。

ベンチャー企業とかなら、ある程度自主性も確保されと思うので、フリーランスが怖いって方は、ベンチャー企業もありです。

 

個人で稼げるスキルを身に付ける

会社勤めからフリーランスになると、自分で稼げるスキルを身に付けられます。

というか、稼げるようになるために必死にならないといけないので、必然ですね。

 

わたしも、Webライターを始めた当初は、ライティングスキルを磨くために必死でした。

3,000字書くのに以前は5時間くらいかかってましたが、今では2時間あればそれなりまとめられます。

企業勤めが嫌なら、フリーランス転身もあり

 

 努力次第でいくらでも稼げる

会社勤めだとどうしても、収入に天井があります。

わたしが務めていた会社だと、30代で年収600~700万円が限界でした。

 

フリーランスは、仕事があれば際限なく働けるので、その分収入を得られます。

もちろん、それなりにハードワークが必要ですが、スキルが身に付くと意外と楽です。

 

 サラリーマンとフリーランスの比較もしました

もっと詳しく!
好きなこと、やりたいことを仕事にできるか
サラリーマンとフリーランスどっちが楽ですか?

わたしは、29歳のときにフリーランス独立をしました。 もともと、東京の専門商社で営業をしていたので、サラリーマンもフリーランスも経験しています。 フリーランス経験としては、まだ1年ほどです。 ただ、結 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

フリーランス転身するならスキルを身に付けた方がいい

会社勤めが嫌になったら、フリーランスに転身するのもありです。

ただ、ある程度スキルがあると、その後が楽になります。

 

わたしは、会社退職→フリーランス独立→スキル修得なので、精神的に危なかったです。

サラリーマン時代からコツコツ副業をしておくと、フリーランス独立もしやすくなります。

 

 副業はいつからでも始められる

もっと詳しく!
30代からでも始められるおすすめ副業5選【すぐ行動すべし】
30代からでも始められるおすすめ副業5選

29歳にWebライターとしてフリーランス独立をして、そこそこ収入を得られるようになりました。 20代は大学生と会社員時代をメインとして過ごしていましたが、まもなく30代に突入します。 わたしは、29歳 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

【まとめ】後悔しない人生を送ろう

会社勤めが嫌なら、フリーランスを試してみるのありです。

自分で積極的に動けるようになるので、スキルも身に付きますし、稼ぐ力も付きます。

 

そして、もし自分にフリーランスが合わないなら、また会社員に戻ってみればいいだけです。

後悔しない人生を送りましょう。

-フリーランス

Copyright© Asia Record , 2020 All Rights Reserved.