スペイン ホテル

予約サイトで評判の高いマドリードのゲストハウス「A&B Hostel」

A&B Hostel Principe Pio

マドリードの格安ゲストハウス「A&B Hostel Principe Pio」に宿泊してきました。マドリード市内にあり交通環境も優れているゲストハウスです。「A&B Hostel Principe Pio」は、Booking.comagodaで上位に検索ヒットするゲストハウスで、実際にわたしが宿泊した際にも日本人旅行者がいました。

こちらのゲストハウスも1泊のみの滞在でしたが、予約サイトでは記載されていない点も多くありました。良かったところ・悪かったところをまとめてレビューをします。マドリードで格安ゲストハウスを探されている方は、参考にしてみてください。

宿泊データ


部屋のタイプ:ドミトリー(8人部屋)

価格:1,745円(1泊)

予約方法:Booking.com

マドリードの格安ゲストハウス「A&B Hostel Principe Pio」宿泊レビュー

それでは、さっそくマドリードのゲストハウス「A&B Hostel Principe Pio」の宿泊レビューをご紹介します。全体的にそこまで不満はありませんが、気を付けておく点をまとめたので参考にしてみてください。

「A&B Hostel Principe Pio」

 

ポイント


①駅近のロケーション

②スタッフは人による

③部屋は狭い

④掛け布団無し

⑤シャワーはしっかりお湯が出ます

⑥ラウンジはコンセントの位置が悪い

 

①駅近のロケーション

「A&B Hostel Principe Pio」は、駅から近くロケーション的に優れているゲストハウスです。スペイン国鉄Renfeとマドリード地下鉄6号線・10号線が乗り入れている「Príncipe Pío駅(プリンシペ ピオ駅)」から徒歩1分の場所にあります。

駅近のロケーション

 

 エル・エスコリアル修道院へのアクセスが便利
世界遺産エル・エスコリアル修道院へ観光するにおすすめのゲストハウスです。ゲストハウスの最寄り駅「Príncipe Pío駅(プリンシペ ピオ駅)」から、エル・エスコリアル修道院方面に向かう鉄道が出発しています。わたしは今回行けませんでしたが、「Príncipe Pío駅」から鉄道で1時間ほどで行けるようです。

 

 地下鉄10号線が便利
「Príncipe Pío駅」に乗り入れているマドリード地下鉄10号線は観光に便利です。マドリードの中心地「Ópera(オペラ)駅」へアクセスできるほか、レアル・マドリードの本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ」まで1本で行けます。レアル・マドリードの試合日はマドリード地下鉄全てが混むため、乗り換えなしで行けるのはありがたいです。

地下鉄10号線が便利

 

②スタッフの態度は人による

「A&B Hostel Principe Pio」のスタッフは丁寧な方もいれば、適当な方もいました。チェックインした際のスタッフはやたらと説明が簡素で、特に困りませんでしたが結構適当でした。チェックアウト時の女性のスタッフは、感じも良く、ラウンジの使い方など丁寧に教えてくれたのが好印象です。

ゲストハウスなので、特にスタッフの態度などは気にしませんが、気になる方はちょっと悪く感じてしまうかもしれません。英語は全員通じるのでわたし的には問題なしです

 

③部屋は狭い

今回、わたしはドミトリータイプの8人部屋に宿泊しました。標準的なゲストハウスの部屋で、部屋の中央に通路、左右に2段ベッドが並べられています。感覚としては、通路が狭く荷物の置き場に多少困りました。とはいえ、普通のスーツケースであれば十分置けますし、広げられるスペースです

部屋は狭い

 

 貴重品入れがない
わたしは特に気にしませんでしたが、「A&B Hostel Principe Pio」には貴重品を入れるボックスがありませんでした。その代わり、ベッドの下に荷物を収納する隙間がありますが、正直スーツケースは入りませんし、かなり汚く、物を置きたくないほどです。

貴重品入れがない

 

④掛け布団無し

「A&B Hostel Principe Pio」でかなりデメリットなのが、なぜか掛布団が提供されなかったことです。チェックインをしたあとベッドに掛布団がないことに気付き、スタッフに聞いたところ「掛布団は無いよ!」と自信満々に言われました。

掛け布団無し

 

 なぜかシーツのみ
掛布団は無いのに、ベッドシーツだけ置いてあったため、それだけ被って寝ろということだと思います。Booking.comのレビューにも掛布団が提供されないといったレビューも掲載されていたため、本当に掛布団がないようです。ただし、暖房はしっかりかかっているため、そこまで寒くは感じませんでした

 

⑤シャワールームは十分ある

「A&B Hostel Principe Pio」のシャワールームは5つありました。1フロアのゲストハウスなので、部屋数もそこまでなく、人数に対しても十分だと思います。わたしは夜と朝に利用しましたが、混むこともなくすぐに利用できました。

シャワールームは十分ある

 

 お湯もしっかり出る
気になるシャワールームですが、清掃されており全体的に綺麗です。また、お湯もしっかりでるため掛布団が無かった分、温かく感じられました。残念だったのは、シャワールームにラックがなかったことです。仕方なかったので、シャンプーなどを袋に入れて持ち込みました。

 

⑥ラウンジはコンセントの位置が悪い

チェックアウト後に時間があったため、「A&B Hostel Principe Pio」のラウンジで作業をしていました。ラウンジ自体は広く、椅子もあるため休憩などには困りません。ただし、コンセントの位置がなぜか壁の上の方にあったり、椅子から離れた場所にあったりと、少し使いにくかったです。

ラウンジはコンセントの位置が悪い

 

 自販機あり
「A&B Hostel Principe Pio」のラウンジで良かった点は、コーヒーとお菓子の自販機が用意されているです。コーヒーは1杯0.7ユーロで、結構安く飲めます。ほかにも、電子レンジやちょっとした調理スペースもあるため、食事を持ち込んで食べる方におすすめです。

 自販機あり

評価

「A&B Hostel Principe Pio」の評価

ロケーション
スタッフ
部屋の広さ
作業快適度
シャワールーム
清潔度
おすすめ度

 

スポンサーリンク

「A&B Hostel Principe Pio」こんな人におすすめ

「A&B Hostel Principe Pio」は、ロケーションやシャワールームについては良かったと思います。もちろん、格安ゲストなのでホテルのような期待をしてはいけません。ただ、掛布団が提供されなかったのは残念でした。ほかの部分は、一般的なゲストハウスと同じレベルですが、なぜ掛布団が無いのが気になります。

おすすめする方

①エル・エスコリアル修道院に観光する方

②マドリード地下鉄6号線をメインで使う方

③シャワーができて、寝られればいいという方

とはいえ、「A&B Hostel Principe Pio」はおすすめした点も多くあります。ロケーションに優れており、世界遺産に登録されているエル・エスコリアル修道院に向かう列車が、最寄り駅から発着してるのが便利です。

また、マドリード地下鉄10号線が通っており、マドリードの中心である「Ópera(オペラ)駅」まで1駅で行けます。また、レアル・マドリードの本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ駅」や「チャマルティン方面」にもアクセスできるロケーションです。

 

①エル・エスコリアル修道院に観光する方

「A&B Hostel Principe Pio」は、エル・エスコリアル修道院に観光する方におすすめです。エル・エスコリアル修道院は、スペインの世界遺産に登録されており、マドリードの観光の目玉でもあります。エル・エスコリアル修道院へのアクセス方法は、主に電車かバスです。電車の場合、ゲストハウスの最寄り駅であるPríncipe Pío駅(プリンシペ ピオ駅)」から発着しておりかなり便利です。

 

②マドリード地下鉄10号線をメインで使う方

同じく、Príncipe Pío駅(プリンシペ ピオ駅)」には、マドリード地下鉄10号線が通っています。10号線は、本線と支線があり、本線はマドリードの北から南西に、支線は「Ópera(オペラ)駅」までアクセス可能です。マドリードの観光地にもすぐアクセスできるため、交通手段を楽にしたい方は便利だと思います。

 

③シャワーができて、寝られればいいという方

「A&B Hostel Principe Pio」はホテル予約サイトでの評判の良いホテルですが、格安ゲストハウスということを忘れてはいけません。とはいえ、掛布団が無い以外は困ったことは感じませんでした。シャワーのお湯もしっかり出ますし、ロケーションも良く、静かで快適に過ごせるゲストハウスです。

 

 掛布団代わりになるものがあればOK
夏は良いとしても、冬に掛布団がないのは辛いかもしれません。そこで、冬は掛布団の代わりになるものを用意しておきましょう。冬であれば、コートや厚着をしているはずなので掛布団の代わりとして使うのがおすすめです。

また、夏であれば薄い上着を用意しておきましょう。夏と言えども国外旅行の場合、なにか羽織れるものがあると便利です。

 

スポンサーリンク

「A&B Hostel Principe Pio」基本情報

それでは、最後に「A&B Hostel Principe Pio」の基本情報を確認していきます。

 

アクセス方法

「A&B Hostel Principe Pio」の最寄り駅は、Príncipe Pío駅(プリンシペ ピオ駅)」です。マドリード・バラハス空港からは、スペイン国鉄「Renfe」でアクセスできます。乗り換えなしで1本で行けるため、重い荷物があっても楽に移動できるのが便利です。所要時間は1時間をみておけば、ちょうどくらいだと思います。

アクセス方法

 

予約方法

「A&B Hostel Principe Pio」の予約方法はBooking.comagodaからがおすすめです。この2つのサイトによって価格が異なるため、日程を選択してどちらが安く泊まれるかを調べてみてください。また、「A&B Hostel Principe Pio」には朝食が付かないため、部屋代のみの設定です。

 

アメニティ

「A&B Hostel Principe Pio」のアメニティは、ほかのゲストハウス同様に期待できません。バスタオルは渡されないため、各自で用意しましょう。なお、シャワールームに液体せっけんが付いているので、ボディソープとして利用はできます。

 

 バスタオルは必須
「A&B Hostel Principe Pio」は、バスタオルが貸し出しされていないため、自分で用意しなければなりません。マドリードのゲストハウスは全体的にバスタオルの貸し出しが少ないと思います。下記のバスタオルは、吸水性のバスタオルなので長期の旅行にも便利です。

設備

「A&B Hostel Principe Pio」の設備をまとめます。部屋、独立シャワールーム(5つ)、トイレ(4つ)、ラウンジがあります。また、各ベッドにコンセント(Cタイプ)が設置されているほか、ライトも装備してありました。ラウンジには、パンやお菓子。コーヒーの自販機があり、コーヒー1杯7ユーロからです。

設備

「A&B Hostel Principe Pio」基本情報

名称 A&B Hostel Principe Pio
住所 Paseo del Rey, 8, 28008 Madrid, スペイン
価格 2000円~(時期によって変わります)
部屋タイプ ドミトリータイプ(8人部屋、4人部屋 選択不可)
設備 独立シャワールーム、ラウンジ、ベッドにコンセントあり(Cタイプ)、自販機

スポンサーリンク

「A&B Hostel Principe Pio」は、おすすめの格安ゲストハウス

「A&B Hostel Principe Pio」は、価格も安く、ロケーションも良いため、マドリードの観光を便利にしたい方におすすめです。掛布団が提供されないという最大のデメリットがありますが、代わりになるものを用意しておきましょう。マドリードの格安ゲストハウス「A&B Hostel Principe Pio」でした。

<em class="fas fa-check fa-lg my-skyblue"> </em><span style="font-size: 1.1em;"><strong>マドリードの格安ゲストハウス6選も必見</strong></span>

-スペイン, ホテル

Copyright© Asia Record , 2020 All Rights Reserved.