タイ

「ホアヒン」が一人旅でも楽しめる6つの理由【行き方も紹介】

「ホアヒン」が一人旅にとって優れている6つの理由【タイ王室の保養地】

タイと言えば「バンコク」、「チェンマイ」、「プーケット」が人気都市として紹介されていますね。バンコクはタイの首都、チェンマイはお寺が集まる古都、プーケットはタイ最大のリゾートして特色があります。

有名観光地の多いタイですが、意外と知られていないおすすめのスポットがあります。それが、「ホアヒン」です。ホアヒンには、一人旅でも安らげる魅力が詰まっています

「ホアヒン」が一人旅でも楽しめる6つの理由

わたしは基本、海外には一人で行くことが多いです。自由に楽しめるのがメリットで、一人旅でしか楽しめないこともあります。ホアヒンも一人で行ってきましたが、十分に楽しめる観光地でした。

心を落ち着かせられる「静かさ」

②ホアヒンの「美しい海」を一人で満喫

③一人旅でも楽しめる「ホアヒンナイトマーケット」

④ホアヒンナイトバーはお一人様でもOK

⑤一人旅で学ぶタイ王室

一人でパワースポットを独占

 

①心を落ち着かせられる「静かさ」

ホアヒンの良さは、静かさにあります。タイ王国の保養地として名高いリゾート地とされているため、街全体が落ち着いているのがホアヒンの特徴です。ホアヒンには、幹線道路がありますが、交通量もさほど多くはなく夜になるとほぼ車も通りません。一人旅で来ても、疲れた心を落ち着かせられます。

 

 ホアヒンは路地裏に良さがある
ホアヒンはメインストリートだけでなく、路地裏に入っても静かです。タイのリゾート地とされているホアヒンですが、路地を入るとホアヒンに住む人たちの生活が見えてきます。どこか懐かしいような気分を感じられる、ホアヒンの路地裏です

一人で静かなホアヒンの街を歩くのも楽しいですよ。

心を落ち着かせられる「静かさ」

 

ホアヒンの「美しい海」を一人旅で満喫

ホアヒンには、プーケットやパタヤに負けないほどの美しい海があります。ホアヒンの海は、そこが見えるほど透き通っており、泳いでも問題ありません。また、温暖な気候のホアヒンは、海水が冷たくないのが特徴です。わたしは水着がなかったため、海に入っていませんが、一人で泳いでいる人も多くいました

 

ホアヒンの「美しい海」を一人旅で満喫

 パラソルの下でのんびり
ビーチには、パラソルも設営されており、アルコールやドリンクを飲みながら、海をゆっくりと観賞できます。過ぎていく時間をゆっくりと感じられるのがホアヒンの海です。この綺麗な海を見ながら、一人でゆっくりのんびりするのが最高でした。

 

パラソルの下でのんびり

③一人で食べ歩きできる「ホアヒンナイトマーケット」

日中は、海水浴やカフェでスイーツを楽しむといった時間を送れます。そして、ホアヒンのメインと言えば「ナイトマーケット」です。ホアヒン駅からほど近い、ストリートでは、夜になると歩行者専用となり、ナイトマーケットが開かれます。一人で食べ歩きも楽しめるナイトマーケットです

 

 ホアヒンはシーフードが有名
ホアヒンは、タイランド湾に面した海の街でもありますシーフードが有名で、日本よりも安く沢山食べられてお得です。ホアヒンナイトマーケットでは、海で採れたばかりの新鮮なシーフードが並びます。タイ料理に仕上げられたシーフードは絶品でした

ホアヒンはシーフードが有名

 

 クレープがおすすめ
ナイトマーケットをぶらぶら散歩しているだけでも楽しいです。シーフード料理だけでなく、串焼きやデザート屋さんも多くあります。おすすめは、ナイトマーケットの海方向にある「72CREPE」というクレープ屋さんです。

クレープがおすすめ

 

 自由にトッピングができる
72CREPEでは、ベースとなるクレープの味を決めます。ベースの味は、ピーナッツやバナナソース、ヌテラから選ぶことが可能です。味を決めたあとは、自由にトッピングをすることができます。チョコやスライスしたナッツなど、好みに合わせてアレンジできるのが72CRAPEの特徴です。

自由にトッピングができる

 

 派手さはないけど味は確か
わたしは、ピーナッツソースをベースに、バナナスライスをトッピングしました。日本のクレープとは違い、派手さがありませんが、味がしっかりでており、美味しかったです。

派手さはないけど味は確か

 

④ホアヒンナイトバーはお一人様でもOK

ホアヒンの魅力4つ目は、ナイトバーです。タイではおなじみのナイトバーですが、ホアヒンのナイトバーは、こじんまりとしており一人でも楽しめます

 

 30軒ほどのナイトバー
ヒルトンホテルの近くにナイトバーが集まっています。ナイトバーが1か所に固まっているのが、ホアヒンのナイトバーの特徴です。飲み代は、ビール1瓶で80バーツ(日本円約300円)と少々高めですが時間制ではないため、一人でゆっくりと過ごせます

 

 ビリヤードがおすすめ
ホアヒンのナイトバーの楽しみ方は、お酒を飲みながらのビリヤードです。基本的にどこのバーにもビリヤード台が置いてあり、1ゲーム100バーツで遊べます。バーの従業員の方もノリノリで、一人でも楽しめるのがホアヒンナイトバーです

ビリヤードがおすすめ

 

 女性にもおすすめ
ナイトバーと聞くと、男性客が多いイメージがありますが、ホアヒンのバーは女性客も多くいました。ナイトバーでは、簡単なショーも行われており、娯楽性が高いです。ぼったくりや盗難といった犯罪が起こることもありません。パタヤは犯罪が増えている一方、ホアヒンのナイトバーは、女性一人でも安全にお酒を楽しめます

 

⑤一人旅で学ぶタイ王室

遊びやご飯の要素が多いホアヒンですが、タイの歴史的な観光もできます。ホアヒン中心部から車・バイクで15分ほどのところにあるのが、「ラーチャパック公園」です。ラーチャパック公園は、タイ陸軍の敷地内に造られた公園で、歴代国王の像を見ることができます

 

 像のでかさに圧倒
ラーチャパック公園に入るとすぐに見えるのが7つの像です。左から歴史の古い順番に、歴代国王の像が並べられています。1番左は、ラームカーヘン王(スコータイ王朝)で、タイの20バーツ札の裏側の人物です。なお、ラーチャパック公園は敷地面積が35ヘクタールと、東京ドーム7個分の広さです。

像のでかさに圧倒

 

⑥一人でパワースポットを独占

名高いリゾート地であるホアヒンでも、タイの仏教を感じることができます。こちらも、ホアヒン中心地から車で15分ほどのところにある「ワット・フアイ・モンコン」です。

 

 鎌倉大仏ほどの高さ
ワット・フアイ・モンコンに入ると見えてくるのが、「ルアン・ポー・トゥアッド」と言われる像です。高さは11mほどで、鎌倉大仏とほぼ同じ大きさです。完成までに10年ほどかかったそうで、パワースポットとして知られています。この巨大な仏教像を一人で独占です。

鎌倉大仏ほどの高さ

 

 さらに奥に進むと
巨大な像の奥に進むと、見えてくるのが金色の像です。像全体が全て金で固められており、輝いていました。こちらも、地元ではパワースポットとして人気が高いです。

さらに奥に進むと

 

スポンサーリンク

ホアヒンまでの行き方

バンコクからホアヒンまで行く場合、バスか電車かの2択です。電車の場合、時間が読めないことや予約が取りにくいためおすすめしません。バスだとスワンナプーム空港から1日に複数出発しているので、利便性も高いです

 

バンコクからバスで3時間

ホアヒンは、バンコクから南西方向に200kmほど離れた観光地です。バンコクからバスで移動すれば、3時間ほどで着きます。朝方に移動すれば、道路も空いているため時間もかからずに便利です。

 

 スワンナプーム空港から出発
ホアヒンに向かうバスは、スワンナプーム空港から出発しています。朝の6:30が始発で、18:30まで1時間に1本運行(計13本)されているバスです。バス乗り場は、「スワンナプーム空港1階8番ゲート」でチケットを購入し、バスに乗車します。

スワンナプーム空港から出発

 

 バス車内は快適
バンコク・スワンナプーム空港からホアヒンまでの運賃は、294バーツです(日本円で約1,000円)。そして、何よりもすごいのがバス車内です。座席は、1-2列方式で、全ての座席でリクライニングを140°くらいまで下げられます。座席もフカフカしており、ホアヒンまで快適に移動が可能です。

 

スポンサーリンク

タイ王室の保養地「ホアヒン」は一人旅でも楽しめる

タイの保養地として名高い「ホアヒン」は、娯楽も多くありおくあり1人旅でも楽しめるリゾート地です。リゾート地だと友達や家族連れが多いと思われがちですが、一人でも問題ありません。バンコクに飽きてしまった方は、一人でホアヒンに来てみるのもおすすめです。

 タイでのんびりできる場所「チェンマイ」もおすすめです
のんびり過ごせる「チェンマイ」の魅力を5つ紹介【人生の休憩に最適です】

-タイ

Copyright© Asia Record , 2020 All Rights Reserved.