フリーランス

フリーランスが不安定なのは嘘です【証拠はこちら】

フリーランスが不安定なのは嘘です【証拠はこちら】

フリーランスとして、1年ほど働いています。

もともとは、3年目で年収450万円ほどの専門商社で働いていました。

中小企業ながらそこそこの年収でしたが、「この先40年間会社員を続ける自信がなかった」のが退職理由です。

 

 フリーランスは稼げる

勢いで辞めた感じもありましたが、正直年収450万円を捨てるのに多少の負い目はありました。

とはいえ、退職してしまった以上、「転職」するか「フリーランス」として働き、稼がなければなりません。

 

結果的に、「不安定」と言われているフリーランスを選びましたが、徐々に収入も増えています。

本記事では、「フリーランス」として働いているわたしから、「フリーランスは不安定」が嘘であることを解説します。

 

悩みのポイント

・フリーランスって収入が不安定じゃない?

・会社員と比較して安定性はどうなの?

・フリーランスとして注意することを知りたい

 

フリーランスが不安定なのは嘘です。

いつものように、結論から話します。

「フリーランスは収入や仕事が不安定」と言われてますが、嘘です。

フリーランスが不安定なのは嘘です

 

 なぜ、「フリーランス=不安定」なのか?

安定志向の強い日本では、「会社に属していない=収入が不安定」とされています。

フリーランス含め、非正規雇用なんかは全て不安定ですね。

 

非正規雇用と正社員であるサラリーマンとの違いは、「固定給」があるかないかです。

確かに、固定給があると精神的に落ち着きますね。

 

ただ、その「固定給」が、本当に自分にとって正しい価値(=金額)であるかを考えてみてください。

賃金アップがトレンドとなっていますが、ぶっちゃけそんなの一部の大企業だけです。

 

ほとんどの中小企業は、給料がほぼ変わっていませんし、むしろ下がっている企業もあります。

こういった事実があるなかで、フリーランスだけ不安定とされてしまうのは、ちょっとおかしいですね。

 

フリーランスが「不安定ではない理由」

フリーランスが不安定ではないのは、実際にフリーランスとして稼いでいる人がいるためです。

わたしもその1人ですが、ようやく会社員時代の収入に追いついてきました。

 

YouTubeやTwitterで見れば分かる通り、フリーランスで成功している人は多くいます。

これが、フリーランスが不安定ではないというなによりの証拠です。

 

 よくあるヤジへの回答

フリーランスが稼いでいる事実を話すと、ヤジが来ると思うのでQ&Aを用意しました。

・フリーランスで稼げているのは、ごく一部だ。稼げていない人もいる。
→会社員もピンキリです。大企業から零細カツカツ社員まで揃っています。

・フリーランスで稼げるようになれる確率自体が低い
→そもそも計画無しせずに、フリーランスで働こうとするのが間違いです。
わたしみたいな例を除いて、ほとんどのフリーランスは稼げる目処を立てて独立しています。

 

フリーランスは無限に稼げる

フリーランスの強みは、無限に稼げることです。

不安定と言われてますが、トップレベルであれば月に100万円を超えることも珍しくないですね。

 

YouTuberとかになると、月収1000万円以上稼いでいる人もいます。

フリーランスが不安定なのは嘘です

 

サラリーマンは固定給を得られる反面、稼げる給料にも限界があります。

日本企業だと5大総合商社1000万超えや、キーエンスで1000万円後半が限界です。

 

サラリーマンだけでそれ以上を稼ぐとなると、外資系や大企業役員クラスになるしかありません。

 

 ×稼げない、○幅がある

フリーランスは収入が不安定と言われていますが、確かに事実です。

100万円を稼げる月もあれば、20万円しか稼げないときもありますね。

 

極端な話、「固定給で安心を得るのか」、それとも「稼ぐ値に幅がある不安定」のどちらを選ぶかってことです。

 

会社員の方が不安定な時代

10年前であれば、フリーランスは不安定の働き方だったかもしれません。

しかし、2020年現在の世の中では、サラリーマンとフリーランスの立場が逆転しているような気もします。

フリーランスが不安定なのは嘘です

 

 終身雇用の崩壊

日本のトップ企業であるトヨタ自動車の社長が、終身雇用の崩壊を認めています。

さらに、テレワークが広がるなかで、今後「成果主義」が導入されるはずです。

 

 プロセス評価は重視されない

従来の人事評価システムでは、「結果までのプロセス」が重視されていました。

 

しかし、オフィスでの様子を見られないことや、プロセス自体の評価が難しくなることで、成果の比重を上げざるを得ません。

成果主義が導入されるということは、個々のスキルや能力に依存する採用に切り替わるということです。

 

これまで、なんとなく仕事をしていた方や、窓際族は、リストラの最有力候補でしょうね。

新卒採用制度も徐々に廃止論が増えていますし、日本社会の転換期を迎えている気がします。

 

フリーランスの雇用形態が増える

これからは、サラリーマンではなく、フリーランスが増える世の中になります。

理由は、クラウドソーシングサービスの向上や、企業に体力がないためです。

 

もちろん、わたしがいたような商社でいきなりフリーランスの雇用形態を生み出すのは難しいかもしれません。

しかし、Web系を始めとするテレワークが可能な業種については、すでにクラウドソーシングを使った穴埋めが始まっています。

フリーランスが不安定なのは嘘です

 

 足りないスキルは外注が基本

わたしはWebライターをしていますが、ライターのためだけに正規雇用するのは、会社として負担がかかります。

Webデザイナーなんかも同じですね。

会社に足りないスキルの人材を1人、2人だけ雇うのはリスクも負担も大きすぎます。

 

クラウドワークを見ると、サイト一括運営の委託依頼の案件もあるくらいなので、フリーランスの雇用形態が増えていくのは必然です。

 

スポンサーリンク

フリーランスで稼げないのは「方法」が間違っている

フリーランス自体が、不安定ということはありません。

しかし、フリーランスのなかには「稼げていないフリーランス」もいます。

 

わたしもフリーランスとして独立した当初は、まったく稼げませんでした。

それこそ、月に5万円とかです。本当にメンタル折れかけましたし、きつかったですね。

 

稼げる領域に移る

稼げていないフリーランスは、根本的である働く領域を間違えています。

フリーランスでも稼ぎやすい領域は、Webライター、プログラミング、アフィリエイト、ブログ、YouTubeなど、オンライン上での仕事がメインです。

 

上記の仕事は稼ぐ方法が確立しているので、初心者でも先駆者の真似をするだけで稼げてしまいます。

現にわたしがWebライターで20~30万円稼げているのが、証拠です。

フリーランスが不安定なのは嘘です

 

 稼げない仕事は辞めるべき

稼げない領域で勝負をしても稼げないままです。

もし、3ヶ月継続しても稼げる感じがしないのであれば、ほかの領域に移してみるのもありですね。

 

プログラミングで稼げないなら、Webライター、ブログ、YouTubeなどいろんなことにチャレンジするべき。

ただし、3ヶ月は様子を見てください。ぶっちゃけ、1ヶ月目から収益出すのは不可能に近いので。

 

そもそも努力不足

努力をしないフリーランスは稼げません。

サラリーマンが努力をしているのに、フリーランスが努力をしていなければ、稼ぐことは不可能です。

フリーランスが不安定なのは嘘です

 

フリーランスで稼いでいる人は、過去に相当な努力をしています。

ホリエモンも努力していた

あのホリエモンですら、起業した当初は起きている時間をすべて仕事に捧げていました。

 

ホリエモンが毎日十数時間働いているのに、凡人が1日6時間労働とかでは話になりません。

 

わたしは努力が苦手なタイプで、集中も切れやすい性格ですが、それでも1日12時間は仕事に時間を使えるようになりました。

仕事の質も大事ですが、その前提として相当な努力が必要です。セルフブラック企業を目指しましょう。

 

スキルを徹底的に身につける

フリーランスとして稼ぐ前提として、スキルは必要ですね。

わたしはスキルなしの状態から独立しましたが、あまりおすすめしません。

 

可能と言えば、可能ですが、ウルトラハードモードなので。それこそ、1日の睡眠4時間とかでしたので。

フリーランスが不安定なのは嘘です

 

 副業でスキルを身につけておく

フリーランスで稼ぎたいのであれば、会社員時代から副業を始めておくのが近道です。

会社を辞めたいと思った時点で、副業を初めてください。

 

平日の隙間時間と休日をフルに使えば、稼げるスキルも身についてきます。

いきなり独立して1からスキルを学ぶよりも、副業から初めておくことでメンタル的にも落ち着くはずです。

もっと詳しく!
30代からでも始められるおすすめ副業5選【すぐ行動すべし】
30代からでも始められるおすすめ副業5選

29歳にWebライターとしてフリーランス独立をして、そこそこ収入を得られるようになりました。 20代は大学生と会社員時代をメインとして過ごしていましたが、まもなく30代に突入します。 わたしは、29歳 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

フリーランスが不安定な時代は終わった

フリーランスが不安定な時代は、とっくの昔に終わりました。

無限に稼ぎたいのであれば、今の時代はフリーランスを選ぶべきです。

 

ただし、稼げる領域の選定や、努力を怠ってはいけません。

フリーランスで高収入を得るためには、継続的な努力が必要。

-フリーランス

Copyright© Asia Record , 2020 All Rights Reserved.