スペイン

「チャンピオンズリーグ」レアル・マドリードvsマンチェスター・シティ現地観戦記【ベルナベウの雰囲気は?】

「チャンピオンズリーグ」レアル・マドリードvsマンチェスター・シティ現地観戦記【ベルナベウの雰囲気は?】

2月後半からヨーロッパに滞在していますが、メインの目的はサッカー観戦です。3年前のちょうど同じ時期にもヨーロッパを周遊して、サッカー観戦をしていました。マドリードでのサッカー観戦の目玉は、UEFAチャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)のレアル・マドリードvsマンチェスター・シティです。レアル・マドリードの本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ」で行われたラウンド16第1戦は最高の雰囲気でした。

チャンピオンズリーグの雰囲気

それでは、スペイン現地時間2月26日に行われたチャンピオンズリーグの試合観戦記です。試合も白熱した内容で雰囲気自体も最高でしたが、やはり本場ヨーロッパのサッカーの試合は「試合前」も盛り上がります。


Real Madrid vs Manchester City / Champions league Match Atmospher

 

試合前の様子

ヨーロッパのサッカーは試合前から盛り上がります。試合当日の昼には、ユニフォームを着ながらバーでビールを飲むサポーターをそこらじゅうで見られるのが本場のサッカー文化です。今回は、過去にフーリガンでも問題とされた「イングランド」のチームなので、サッカーというよりも戦いという雰囲気が漂っていました

試合前の様子

 

ベルナベウでも盛り上がる

盛り上がるのはアウェイチームだけではありません。ホームのレアル・マドリードは本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ」で、試合2時間前には集まり応援歌を歌います。このテンションを維持しつつ、そのままスタジアムに入っていくのがヨーロッパサッカーの流れです。

ベルナベウでも盛り上がる

 

 相手チームの紹介はブーイング
どのプロスポーツでもホームチームには、サポーターという大きなアドバンテージがあります。今回の相手チーム「マンチェスター・シティ」の監督はスペイン人であったため、監督の名前が呼ばれると一斉にブーイングされていました。レアル・マドリードのライバル「バルセロナ」の元監督ということもあります。

 

やはりアンセムは最高

チャンピオンズリーグの醍醐味は、試合前に流れるチャンピオンズリーグアンセムです。選手が一列に揃うと約40秒の大会テーマソングが流れます。この瞬間は全サッカーファンが興奮する瞬間でもあり、選手にとっても力の入る瞬間です。


UEFA Champions League Anthem / Real Madrid VS Manchester City (チャンピオンズリーグアンセム/レアルマドリードvsマンチェスター・シティ)

 

スポンサーリンク

ベルナベウは格別のスタジアム

3年前にも同じベルナベウでチャンピオンズリーグを見に来ましたが、やはり格別のスタジアムです。残念ながら日本では建築基準法などの問題もあり、ベルナベウに敵うスタジアムはありません

 

ベルナベウの由来

ベルナベウの正式名称は「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ(Estadio Santiago Bernabeu)」です。スペイン内戦後の1947年に新しく作られました。サンティアゴ・ベルナベウという名前は、1943年から1978年まで会長を務めた「サンティアゴ・ベルナベウ氏」に因んで名づけらています


HALA MADRID Y NADA MÁS / UEFA Champions League / Español (Spanish) , English , Chinese , Japanese

 

8万に収容できるスタジアム

ベルナベウは世界でもトップクラスの収容人数を誇ります。2020年3月現在で、81,044人の収容が可能です。埼玉スタジアム2002の収容人数が、63,700人なので規模的に上回ります。

 

世界最高の5つ星スタジアム

サンティアゴ・ベルナベウは5つ星スタジアムに指定されています。ヨーロッパサッカー協会(UEFA)によって格付けされ、5つ星の権威が与えられると、主要大会の決勝戦で使われることが可能です。ベルナベウは過去にチャンピオンズリーグで、4回決勝の地として使われました。

世界最高の5つ星スタジアム

 

 

スポンサーリンク

UEFAチャンピオンズリーグとは?

この記事を検索して読む方は分かると思いますが、「UEFAチャンピオンズリーグとはなんぞや?」と思う方もいるはずです。この「UEFAチャンピオンズリーグ」を簡単に説明してみます。

UEFAチャンピオンズリーグとは?

 

ヨーロッパ最高の大会

UEFAチャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)は、ヨーロッパサッカーにおける最高の大会です。日本と同様にヨーロッパには国ごとにサッカーチームがあります。UEFAチャンピオンズリーグは、そのなかでもレベルの高い国から、上位のチームが参加している大会です。

 

 全32チームが出場
UEFAチャンピオンズリーグには、ヨーロッパのクラブ32チームが出場しています。ユベントス(イタリア)やレアル・マドリード(スペイン)などは毎年出場しており、サッカーを良く知らない方でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

レアルマドリードは過去13回優勝

ヨーロッパ最高の大会であるUEFAチャンピオンズリーグですが、1992年に現在の名称となる前に「UEFAチャンピオンズカップ」の名称で行われていました。大会自体は1955年から続き55年の歴史を持ちます。その55年の歴史のなかで、レアル・マドリードは13回優勝の記録を持ち、大会の最多優勝回数です。

レアルマドリードは過去13回優勝

 

 去年の優勝はリバプール
ちなみに2019年の優勝チームは、イングランドのリバプールです。リバプールと言えば、2020年1月に日本人の南野選手が移籍したチームとしても有名ですね。2020年3月現在、リバプールも今季のUEFAチャンピオンズリーグで勝ち続けており、連続優勝が期待されています。

 

今年はトルコ・イスタンブールで決勝戦

UEFAチャンピオンズリーグは、決勝以外は対戦チーム同士の本拠地で2試合(ホーム&アウェイ)行われます。決勝戦のみ中立地で1発勝負が行われ、今年2020年の決勝戦はトルコ・イスタンブールにあるアタテュルク・オリンピヤト・スタドゥで開催される予定です。

ちなみに、このアタテュルク・オリンピヤト・スタドゥは2005年の決勝戦でも使われ、リバプールが0-3の劣勢状態からPK戦の末優勝した「イスタンブールの奇跡」として有名になりました。

 

スポンサーリンク

サッカーファンなら一度は行くべき

肝心な試合は残念ながら1-2で敗れてしまいました。3月に敵地マンチェスターで行われる2戦目での勝利が必要です。

とはいえ、ベルナベウでのサッカー観戦には十分満足しています。普段テレビで見ているスタジアムを現場で見ると、テンションもかなりあがるのでおすすめです。ベルナベウは、サッカーファンであれば一度は訪れたいスタジアムですね。また行こうと思います。

-スペイン

Copyright© Asia Record , 2020 All Rights Reserved.