タイ

のんびり過ごせる「チェンマイ」の魅力を5つ紹介【人生の休憩に最適です】

のんびり過ごせる「チェンマイ」の魅力を5つ紹介【人生の休憩に最適です】

タイの都市と言えば、バンコクです。2018年にバンコクを訪れた外国人旅行客は、2,278万人でした。一方で、2018年にタイに訪れた外国人旅行客数が3,327万人であったため、全体の70%近くがバンコクを訪れています。ちなみに、日本に訪れた外国人旅客数は3,119万人です(通訳案内士試験で暗記必須です。)

バンコクは外国人が多いです。嫌いというわけではありませんが、人が多すぎて息苦しく感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたのが、「チェンマイ」です。タイ旅行が好きな方であれば、チェンマイという街の名前を聞いたことがあると思います。

人生でのんびりしたくなったら「チェンマイ」がおすすめです。チェンマイに来ればのんびりと過ごせ、体も心もリフレッシュ。今回の記事では、のんびりできる「チェンマイ」の魅力について語ってみます。

のんびりできる「チェンマイ」の魅力を5つ紹介

それでは、本題に移ります。チェンマイはタイの第2の都市でありながら、のんびりと過ごせる都市です。バンコクの喧騒に疲れてしまった方日本で疲弊してしまった方理由はないけれどのんびりしたい方に、チェンマイでのんびりすることをおすすめします。

のんびりできるチェンマイの魅力を5つまとめてみました

①街全体が静か

②バイクか自転車を借りればどこでも行ける

③食費が安いし美味い

④刺激的な体験もできるチェンマイ

⑤バンコクから飛行機で1時間で行ける

 

のんびりできる「チェンマイ」の魅力を5つ紹介

①街全体が静か

のんびりできるチェンマイの魅力は、「チェンマイの街全体が静か」なことにあります。冒頭でもお話しましたが、チェンマイはタイの第2の都市です。第2の都市のイメージとして、「人が多くてゆっくりできない」と思われがちですが、チェンマイはそこまでうるさくありません

 

 タイは意外と人口が少ない

チェンマイが、第2の都市でありながら静かである理由は、人口にあります。タイの地図を見たことがある方は、「国土面積でかすぎ!」という理由から「人が多い」と思われがちですが、タイの総人口は約7,000万人です。日本の総人口が1億3千万ほどなので、半分ほどですね。

 

 チェンマイの人口は、わずか170万人

7,000万人が、広大な国土を持つタイで暮らしているため、それぞれの都市の人口も少ないです。バンコクの人口は約900万人で都市人口1位ですが、チェンマイは約170万人で第7位でした。第2の都市でありながら、人口わずか約170万人という理由からも、チェンマイが静かなのも納得できます。

 

②バイクか自転車を借りればどこでも行ける

のんびりできるチェンマイの魅力2つ目は、バイクを借りて観光ができることです。国際免許証があれば、タイではバイクのレンタルができます(免許証がなくても借りられますが自己責任で)。

チェンマイでも旅行者向けにレンタルバイク屋が営業されており、1日100~250バーツほどでレンタル可能です。また、バイクの運転ができない方は、自転車のレンタルもされています

バイクか自転車を借りればどこでも行ける

 

 遠出をする場合、タクシーかバイクがおすすめ

チェンマイで観光をする場合、ほとんどの方が「旧市街地」と言われるエリアを訪れます。旧市街地のエリアであれば、自転車だけで観光できますが、旧市街地から遠出をする方はタクシーかバイクがおすすめです。

トラと触れ合える「タイガーキングダム」は、チェンマイの旧市街地から20kmほどの場所にあり、バイクでも30分ほどかかりました。バイクは便利ですが、くれぐれも事故に気を付けてください(何度も言いますが自己責任です)

 

③食費が安いし美味い

チェンマイの魅力は、ご飯が安く美味しいことです。チェンマイのご当地料理と言えば、「カオソーイ」。カオソーイとは、ココナッツミルクを加えたカレー風のスープに揚げた卵麺を入れた料理です。これが、本当に美味しかった…。50バーツ(180円ほど)で食べられるため、チェンマイで是非食べて頂きたいです

食費が安いし美味い

 

④刺激的な体験もできるチェンマイ

チェンマイでは刺激的な体験もできます。チェンマイでの生活は、95%がのんびりで構成されています。残りの5%で、ちょっとした刺激的な体験ができるのがチェンマイです。

 

 トラと触れ合えるタイガーキングダム
インスタグラムやTwitterで、トラと抱き合っている写真を見たことがありますか?ほとんどが、チェンマイのタイガーキングダムで撮影された写真です。タイガーキングダムは、トラだけでなくライオンも飼育されており、まとめて写真撮影ができます。

トラと触れ合えるタイガーキングダム

 

 人慣れしているので安心
タイガーキングダムで撮影できるトラやライオンは、人慣れしているので安心です。とは、言っても本物のトラやライオンを目の前にするとかなり刺激を味わえます。飼育員の指示に従うため、いたずらはしないように気を付けましょう。

人慣れしているので安心

 

 最高の刺激を味わえます
トラやライオンとここまで触れ合えるのは、日常生活でほぼないと思います。チェンマイでは、のんびりとした生活を送れますが、ちょっと刺激が欲しくなったタイガーキングダムでトラと触れ合いましょう(自己責任です)。

最高の刺激を味わえます

 

⑤バンコクから飛行機で1時間で行ける

のんびりできるチェンマイですが、バンコクから1時間ほどで行けます。バンコクとチェンマイ間は、日本での東京と大阪間の移動と同じように飛行機の便が多いです。スワンナプームやドンムアン空港から1時間で行けるため、バンコクに飽きてしまった方は、チェンマイまで小旅行もおすすめです。

バンコクから飛行機で1時間しか離れていないところに、「のんびりできる空間」が広がっており、旅行者だけでなく、バンコク住みの方でも気軽に訪れることができます。

 

スポンサーリンク

【おまけ】チェンマイはのんびり仕事ができる

チェンマイでは、のんびりと仕事が可能です。近年、チェンマイを拠点としたノマドワーカーが増えています。ノマドワーカーとは、フリーランスとして世界をフラフラしながら働いている人のことです。では、なぜバンコクではなく、チェンマイにノマドワーカーが増えているのでしょうか。

チェンマイはのんびり仕事ができる

 

 ネット環境が優れている
ノマドワーカーが増えている理由として、ネット環境が優れていることが挙げられます。チェンマイ市内には、Wi-Fi環境があるカフェが多く存在し、なかには24時間営業のコワーキングスペースもあり、インターネット環境が整備された都市です。日本人だけでなく、欧米系のノマドワーカーも多くいるため、人目を気にせず作業できる空間があります

 

スポンサーリンク

ちょっと疲れたらチェンマイで「のんびり生活」

チェンマイは、人口も少なく、静かな場所です。さらに、食事が美味しくロングステイでも飽きません。人生に疲れてしまった方、都会の喧騒が嫌になってしまった方、とにかくのんびりしたい方には、チェンマイをおすすめします。

 タイの安らげる場所「ホアヒン」もおすすめです
「ホアヒン」が一人旅にとって優れている6つの理由【タイ王室の保養地】

-タイ

Copyright© Asia Record , 2020 All Rights Reserved.